jhits | よくある質問

jhitsは機能とサービス体系が2019年3月より新しくなりました。
サービスに関してよくある質問をまとめました。(2019.03.01 更新)

下記の内容で解決しない問題は、お問合せフォームから直接お問合せ下さい。

jhitsQ:jhitsって何ですか?

グループウェアQ:料金体系はどうなっていますか?

jhitsQ:無料では使えないの?

グループウェアQ:人数は何人まで利用出来ますか?

jhitsQ:スマホでも使えますか?

グループウェアQ:アプリのインストールはするの?

jhitsQ:海外でも使えますか?

グループウェアQ:複数ユーザーIDを同一ブラウザで使えますか?

jhitsQ:ブラウザを立ち上げたまま長時間離席した場合は?

グループウェアQ:記載済みのメッセージは消去、訂正できますか?

jhitsQ:サポートはどうなっていますか?

グループウェアQ:こんな使い方 1:メモとして使う

jhitsQ:こんな使い方 2:名刺管理として使う

グループウェアQ:こんな使い方 3:スケジュール帳として使う

jhitsQ:こんな使い方 4:CRMSでお客様との連絡帳として使う

グループウェアQ:こんな使い方 5:営業ツールとして使う

jhitsQ:こんな使い方 6:メールの代わりとして使う

グループウェアQ:こんな使い方 7:ファイルの共有場所として使う

jhitsQ:こんな使い方 8:プロジェクトチームで使う

Q:jhitsって何ですか?

A:「jhits」はグループ内でコミュニケーションしたり、情報やファイルを共有出来るマネージメントグループウェアです。業務の引継、コミュニケーションをクラウド機能によってサポート致します。 PC、タブレット、スマホ等から御利用出来ますので、ネット環境のある所では何処からでもアクセスできます。

Q:料金体系はどうなっていますか?

A:月額1,000円(税別)の定額にて何人様でもご利用頂けます。起算日は初めにご登録頂いた日から8日目で、以後はその日が毎回の起算日となります。なお途中で解約されても料金は変わりません。

Q:無料では使えないの?

A:ご登録から7日間は無料にてお試し頂けます。8日目からは有料利用となり、以降1ヶ月毎に決済して頂く事になります。

Q:人数は何人まで利用出来ますか?

A:当サービスには人数制限は御座いません。定額料金でご利用いただけます。

Q:スマホでも使えますか?

A:はい。お使いになれます、スマートフォン、タブレット端末、PCに対応しております。

Q:アプリのインストールはするの?

A:いいえ。スマホアプリ等のインストールはありません。

インターネット環境とブラウザが使えれば即時にサービスをご利用頂けます。

Q:海外でも使えますか?

A:はい。海外にてもインターネット環境とブラウザが使えれば即時にサービスをご利用頂けます。

Q:複数ユーザーIDを同一ブラウザで使えますか?

A:いいえ、お使いになれません。セキュリティーにより一種類のブラウザでお使いになれるIDは1個になります。複数IDでお使いになる場合は別種のブラウザであればご利用頂けます。

Q:ブラウザを立ち上げたまま長時間離席した場合は?

A:PCを長時間放置しますとブラウザによっては反応しなくなる場合があります。離席される場合は、当サービスをログアウトしてから離席をお勧めします。入力が途中である場合などは、12分以上経ちますと入力情報は破棄されますので、御注意下さい。

Q:記載済みのメッセージは消去、訂正できますか??

A:はい。修正、削除は記載した本人であれば自由に何時でも出来ます。

Q:サポートはどうなっていますか?

A:はい。サポートも確りと致します。基本的にメールでのサポートになりますので、時差がある場合がありますが、安心してお使いください。ご不明点は support@jhits.jp 迄どうぞ。

Q:こんな使い方 1:メモとして使う

A:メモとして使いながらアイデアを貯めたい場合があります。そんな時はスレッドでは無く「マイメモ」機能を使って公開しないでおく事が出来ます。記載の仕方等の使い方は同じですのでお使いください。但しファイルはアップ出来ません。

Q:こんな使い方 2:名刺管理として使う

A:名刺管理のスレッドを作成して置いて、交換した名刺情報を記載しておくと、スレッド内の方に共有できたり、住所や氏名、電話番号等を忘れてしまったりした場合は非常に便利です。更にスマホからですと電話をクリックして直接電話を出来たり、メールを送信したりますので、一層に便利です。

Q:こんな使い方 3:スケジュール帳として使う

A:スケジュールのスレッドを作成して置いて、スレッド内のメンバーにスケジュールを記載して貰う様にしますと各個人のスケジュールを共有できたりしてメンバー管理が非常に簡単です。

Q:こんな使い方 4:お客様との連絡帳として使う

A:各お客様毎のスレッドを作成して置いて、お客様にスレッド内のメンバーになって頂くとお客様との連絡が非常にスムーズになり、ビジネスチャンスを逃し難くなりますし、お客様とのコミュニケーションや情報共有をし易く出来ますので、クライアントの管理も非常に便利です。

Q:こんな使い方 5:営業ツールとして使う

A:出先では相談、打ち合わせ等の時間に追われる状態が続きます。時間の無い中での営業報告等で事前に整理して準備をしておけば状況が伝わり易く、連絡を受ける方も安心できます。

Q:こんな使い方 6:メールの代わりとして使う

A:グループウェアに招待してメンバーとして参加して頂ければ以降は有料のメールを使う必要もなく連絡を取り合う事が出来ます。

Q:こんな使い方 7:ファイルの置き場所として使う

A:誰かがアップしたファイルはメンバーならば何時でも誰でもアクセスして利用出来ますので、ファイルの共有場所としてお使いになれます。

Q:こんな使い方 8:プロジェクトチームで使う

A:プロジェクトが複数走っていると情報の交錯で間違いも起き易くなります。プロジェクト毎にスレッドを分けて置けば情報伝達の間違いも防げます。